バイト面接

今日はバイトの面接だった。

 

面接にたどりつくまでに棚に頭を打ち、ストッキングにひっかけた爪が折れた。

 

折れたジェルネイルの修理のために面接前にネイルのお店に向かった。

 

待ち合わせが銀座だったのでお店を見つけるのにも時間かかった。

逆方向に進み、目的地を通過したりしてやっとたどり着いた。

 

お店があるビルの5階のエレベーター降りたところで、てかわざわざ修理する必要なくない?

小指の爪なんか誰も見なくない?

と思ってやめた。

 

面接まであと2時間あるが、早めに着いて本でも読もうと待ち合わせのタリーズに向かった。

 

地図アプリを見ながら銀座の街をまっすぐ進む。

苺大福屋。アルマーニソニー

 

タリーズが入ってるビルは臨時休業していた。

ここら辺で、なんか…今日のバイトの面接、大丈夫なんだろうか…、と予感した。

 

なんかそんな気がする〜っていうのを割と信じる。

なぜなら失敗とか成功とか計画的に物事運ぶことがうまくないため、じゃあ直感でいこう!考えなくていいって楽!ということで、そんな感じする〜信仰が根強くなった。

 

統計なんて取るわけないからその直感なるものが当たってるのか外れてんのかは知らない。

 

ただ考えなくていいので楽だし、当たれば私直感すぐれてる↑で楽しいし、外れても行き当たりばったりで失敗してもなんとかした私↑という布石なので大丈夫。

 

タリーズの代わりに星乃珈琲に入った。

待ち合わせまであと90分あるけど2時間制ですと言われた。だめじゃん。

 

向こうが変更するであろう場所に向かうのがいいのか、ゆうて2時間制といいながらダラダラ居させてくれることを期待してここにいると連絡するのがいいのか。

 

ここはほうれん草にかけて後者にする。

連絡しよう。

 

次回、バイトはどうなった。

続く。

 

よく食べたわ

春はあけぼのだし当直の数は今月だけ倍になったので眠いですね。

 

頭が冴えている!と思う時間がなかったな。あほだった。

 

元気で行動力があれば、どこかに行ったり出来事を作れるので文章書いたり動画で話したりすることができる。

 

去年度ずっとやってたブログも、ひまつぶしにやってた動画も中止して、あほを満喫してよーーーく食べた。

 

 

隙あらばたべた。

ポテチを。菓子パンを。アイスクリームを。カップラーメンを。

マックに行く元気はなかった。全てコンビニ。

 

たくさん食べると眠くなるので睡眠を取るのが下手な私は食べれば寝れると思って寝たいな〜と思っては食べた。

 

ストレスがあることは食べることの言い訳になるので、今日当直やだな〜、あ!きっと今ストレス感じてる!よしじゃー食べておっけー!と思って食べた。

 

我ながらよく食べた。

体重計がないからどんだけ増えたかは知らない。

 

物事をよく考えない1ヶ月だった。

食べて映画見て進まない小説を読んだ。

感想はあまりない。

 

来月は増えた体重を戻す1ヶ月とする。

人に会う予定もぼちぼちいれたから外食とアルコール量は増えるけど。

 

今月は1日を消費する1ヶ月。

来月は脂肪を消費する1ヶ月。

再来月はなにするかなー。

 

 

 

 

 

 

4月おわるはや

気付けばもう22日。

また明日当直。

 

今日は木曜zoomであった。

いつもどおり1時間と少ししか集中がもたなかったが、楽しかった。

 

来月はわたしも初LTするぞー。

今日は推し発表だったけど毎週そういうテーマができたのだろうか?

 

読書は好きでニヤニヤこそこそ1人で読んできたが発表することはなかった。

小説も自己啓発も恋愛ハウツーも読んだ。新書だってけっこう読んだ気がする。

 

しかしどんなにインプットしても日常的に扱うものじゃないと身に付いてないらしい。

この前わかった。せつねー。

 

なんとなくわかる部分もあるが、うまく取り出せない。

アウトプットしてこなかったから。

 

わかってることを披露しないほうが会話はスムーズ、というのはよくある。

納得してもらおう、なんて思わないですぐにそうだね!って言った方が楽。

でも!は出さないのが人間関係の鉄則みたいなとこある。

 

本当は興味ないこと、やりたくないこと、そうじゃないと思ってること、そういうのを飲み込んでいくのも社会だ。

 

文章だとサラサラ書けるのに、声に出すとやけに卑屈になったり遠慮がちになったり。ネットやってそういうの自覚した。

 

別に本音を誰にでも表明する必要はないが、ただ無職になれば型にハマらなくちゃいけない部分はかなり減るので自分がおしゃべりできる分野も増えてくんじゃないかと期待してる。

 

 

 

パキラ

仕事終わりに女医が3人、帰宅することなく備えの菓子類をひたすら食べながらしゃべっていた。

 

本日の夕飯はまじでお菓子である。

おなかいっぱい。

 

ぴーちくぱーちくしていたら医師が1人参加してきた。

 

どうやら友人の1人のことがお気に入りらしい。

友人は学生の頃からの付き合いで、その美しさに引き寄せられる男性達はたくさんいた。

今回もいつものそれだったので会話にはあまり入らず耳を傾けた。

私の楽しい時間である。

 

熱帯魚を飼っているそうで友人に勧めていた。

 

女性にはフグが人気だったりするけど難しいからベタとかいいよ!

生き物はなかなか大変そう…と遠慮する友人にじゃあ植物は?とネタを変えてきた。幅広いな。

 

お菓子を広げていた部屋の観葉植物はその先生が全て選んで置いたものだそうだ。へー。

 

パキラやゴムの木、ガジュマルなど強い植物の紹介をしていた。へー。

 

虫がわくから土じゃなくてこういうコロコロした石っぽいのにするんだよ、だそうだ。へー。

 

いつもの3人組じゃ、同じ話題にしかならないので謎の趣味を披露してくれてありがたい。

 

熱心に彼女に趣味をもつことの素晴らしさを説いていたが、忙しさ故に荒地の彼女の部屋に観葉植物など置く余裕はないことを知っている。

きれいになってから!と、私ですら1年部屋にあげてもらえない。

 

友人の片思い中の彼が部屋に来るとなれば、部屋も一瞬で片付いて観葉植物の1つや2つも登場するんだけどねぇ、とは言わないでお菓子を口につめた。

 

 

 

眠い日

眠気がひどいとまず手が痺れてくる。

次に口まわりが痺れる。

意外と処理はできるけど目が乾いて開けているのがしんどい。

 

そういう時はまわりを気にせず寝る。

サボってると言われても眠いので知らない。

 

夜寝る時はすぐに寝れないのに、日中は気絶したみたいになる。

 

むかーしナルコレプシーという病気を知ったときにこれか!?と思ったが症状に全く当てはまらない。

 

ただ睡眠の取り方が下手らしい。

睡眠の本も何冊か読んだが身に付かず終わった。

たまに眠すぎる日があるだけで社会生活に支障もない。

 

というわけでここのところ強烈に眠い。

今日も日中隙を見てロッカーで寝ていた。

幸いバレてない。(バレてるかも

 

当直がなければ家帰って寝るだけなので良い。

当直のある日にこの眠い日が重なると職業選択を呪うしかなくなる。

 

夜が休めるのであれば1日中眠気に苛まれているのも悪くはない。

全ては寝るために計画され、目的も単純。

 

思考はクリアではないが不要なことを考えることもない。

ポジティブでもネガティブでもない。

全て、ふーーーん、ねむい。

 

何が最高って、あとは寝るだけで幸福が用意されている。

 

思考がないのでジャンクな物てきとうに買って、食べて、寝る。

そういう日である。

 

 

 

 

百合百合

もう辞めると決めたことは先月のことであるので、もはや何を思うもないのだけど、突然退職して、さらに先々の予定が何もないというのが医療界隈では珍しいらしい。

 

普通に会話が成立する人物だと認知もされて、これからどうするの?と話しかけてくる人が増えた。

 

いやとくに決めてません、と答えるのだがYouTubeやってることも悪目立ちするので、やっぱそっち系を本気で?と言われる。

 

あれは趣味です、と答えると納得できる理由が欲しいのか色々聞かれて話は膨らむので面白い。

 

その人の性格によるのか、同情されたり説教がはじまったりするのはとてもとても面白い。

 

本日は同情回だったので謎に早く帰らされた。こんなこともあるのか。

 

そして謎の得をすると、それを面白く思わない人も現れる。

職場、ってかんじだ。

 

仕事が始まる前は私は女社会において、敵視されることがとても少なかった。

 

ガタイの良さから恋敵になることもないし、人より優れた能力があるわけでもない。

 

懐いてきたらめっちゃかわいーと思うし、自分が外された所でバトルしてるのを面白がっていた。

そんな話を聞くのが楽しいので女社会においてはほぼ無双していた。敵なし。

 

テストの情報ありがとう。

面白い裏話ありがとう。

合コン?行きまーす。

 

生活しやすい環境ってあるよなぁ。

昨日百合映画を立て続けに2本見て思った。

 

わたしのサイコー

あんなに戦々恐々としていた当直ジェットコースターが終わった。

 

昨晩もすごかった。

が、まあうだうだいっても来るものは来るのではいはいはーいとこなして終わった。

 

全身の問題点を探し当てそこに治療介入を早め早めにやっていく内容は本当に性分にあってない。

 

だいたいまぁ今晩は大丈夫では?と憶測しながら当直室で眠り始める。

そして大丈夫ではなかったりするので深夜に帰宅した上司に連絡を取ることに。

 

今月の職場は熟練の医者3人の下に私のような教わります体裁の麻酔科が配置されている。

 

熟練の人はあたりまえだがすごい。

腕もすごいが、このブラックと思われる働き方の中辞めずに続けただけあって、節々にこの仕事自体への好きさが表れてる。

 

「もっと緊急の方がテンションあがる」

下がるの間違いでは?

 

「この値の下がり方はすごい!まとめて発表とかできるね!」

治ったんだからもう撤退しませんか?

 

「モニター眺めるのが好き」

は?

 

わたしには鬼ブラックに思える場所も興味があって得意の人にはいきいきと動く場なのだと日々思う。

 

 

今日は明けで帰宅して爆睡して、夕方友達とミスドに行った。

職場で誰それがどうのという話を聞きながら楽しすぎて震えた。

 

私が水を得たようになるのはこれだな。

何なんだあの楽しさは。

はああああ(*⁰▿⁰*)↑ってなる。

 

仕事にはならなそうだけどそういうのをずっとやってく。井戸端会議。